車の使用用途で自動車保険料が変わります。

自動車保険の保険料を少しでも安くしたいと思われている方は多いはずです。

 

そこで知っておきたいのが、車の使用用途で保険料が安くなったり、高くなったりすることです。

 

車の使用用途によって、保険料が変わるので、保険料の見直しや新規加入する際に気をつけてください。

 

車の使用用途は、日常・レジャー使用通勤・通学使用業務使用の3つに分けられます。

 

日常・レジャー使用というのは、週末のドライブなどに使用したり、買い物での使用のことをいいます。

 

そのため、多くの方の使用用途は、この日常・レジャー使用だと思われます。

 

通勤・通学使用は、週5日以上または月に15日以上、通勤や通学に使用することをいいます。

 

業務使用は、週5日以上または月に15日以上、業務で使用することをいいます。

 

このように車の使用用途は、3つに分かれており、自動車保険に加入する時にどの使用用途に該当しているのかを正しく申告しないといけません。

 

そして、保険料が最も安いのは、日常・レジャー使用で、最も高いのは業務使用となります。

 

使用用途が変更になったら自動車保険会社へ連絡を!

ここで注意したいのは、使用用途が変更になった時です。

 

例えば、通勤や通学で自動車を使用していたが、使用頻度が激減して、月に5回程度しか自動車を使用しないとします。

 

そうするとそのまま通勤・通学使用にしておくと無駄な保険料を払わないといけないので、日常・レジャー使用に変更する必要があります。

 

もし、車の使用用途が変更になった場合は、早めに自動車保険会社にその旨を伝えるようにしてください。

車の使用目的と保険料についての総まとめ

 

自動車保険の保険料とは、契約の対象となる車がどのように使われるのかと言うことによって、大きく異なってくると言っても良いでしょう。

 

何故、車の使用目的が保険料の支払いに関わってくるのかと言いますと、使用目的によってリスクが大きく上下するからです。

 

例えばですが、業務目的で使用する車であれば当然ですが、走行距離も長くなりますので、必然的に事故に遭うリスクも高まります。

 

反対に、日常やレジャー目的であれば、走行距離も短くなり、事故に遭うリスクは業務用と比較すると低くなります。

 

つまり、リスクが高ければ保険料は高くなりますし、リスクが低ければ保険料は安くなる仕組みです。

 

こうした仕組みをリスク細分型と呼んでいます。

 

自動車保険では一般的に車の使用目的は、業務用、通勤・通学用、日常・レジャー用の3つに分類しています。

 

前述でも書いたようにこの3つの区分の中で最も保険料が高くなるのが、業務で車を使用するケースです。

 

他のケースよりも走行距離、運転時間が長くなることから事故に遭うリスクが高めになり、保険料も高くなります。

 

業務用として使用する車の規定としては、年間を通して週に5日以上、若しくは月に15日以上、車を業務に使用する場合は業務用として申告しなければいけません。

 

通勤・通学の場合は業務用よりは保険料が安くなりますが、通勤・通学よりは保険料が割高になります。

 

業務目的以外に、年間を通して週に5日以上、若しくは月に15日以上、車を通勤・通学に使用する場合は通勤・通学として申告します。

 

最後に、買い物や休日のレジャーのみにしか車を利用しない場合は、日常・レジャーに分類されます。

 

業務、通勤・通学の条件にあてはまらない場合は、使用目的を日常・レジャーと申告すると良いでしょう。

 

自動車保険と車の使用用途によって変わる保険料関連ページ

自動車保険の等級制度と割引率
等級によって加入する保険料の割引率が変わってきます。ここでは、くるまの保険の等級制度とその割引率について詳しくご説明いたします。
事故後の保険料の仕組み
くるまに乗っていて事故を起こしてしまった際に保険を利用すると料金が上がる仕組みになっています。ここでは、その仕組みについて詳しく解説していきます。
車両保険の免責金額とは何?
くるまに乗っている人なら車両保険についてご存じな方は多いでしょう。こちらでは、車両保険の免責金額とは一体なにか説明をしたいと思います。
料率クラスと保険料の関係
料率クラスというものがあります。一体どのようなものなんでしょうか?ここでは、料率クラスと車の保険料の関係について解説します。
自動車保険の年齢条件
くるまの保険料は、年齢条件を設定することによって安く抑えることができる仕組みになっています。ここでより詳しく解説いたします。
軽自動車の保険料の仕組み
軽自動車には、保険の料率クラスがありません。では、一体どのようにして料金が決まるのでしょうか?ここで、詳しく解説したいと思います。